臨床検査技術部

生理検査室

生理検査室では色々な検査機器を使い、患者さんの身体の情報を調べる検査を行っています。
より良い検査を行い正確なデータを出すために、体の向きの変更や深呼吸、息止めなどのお願いをすることがあります。
予約の方優先でご案内していますが、救急の患者さんがいる場合など、順番が前後することがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。

心電図検査

心臓が拍動するために発生する電気的活動を記録して、不整脈の有無やその種類、心臓の筋肉の状態を調べる検査です。治療効果の確認や、薬の副作用が無いかなどを調べる目的もあります。
安静時心電図検査、運動負荷心電図検査、長時間心電図検査、自立神経検査があります。

安静時心電図検査

両手足と胸に電極を付けて心電図を記録する、一般的な心電図検査です。

運動負荷心電図検査(トレッドミル)
運動負荷心電図検査(トレッドミル)
トレッドミル

運動前後や運動中の心電図を記録する検査です。当院ではトレッドミルというベルトコンベアーの上を歩いたり走ったりしながら心電図を記録します。安静時の心電図では認められないような心臓の虚血など異常がないかを調べます。

長時間心電図検査(ホルター心電図)

小さな心電図の機械を胸に付けて24時間心電図を記録する検査です。病院で検査する安静時心電図は1分から3分程度の時間です。動悸や胸痛などの自覚症状がある場合に、24時間の心電図を記録して日常生活中の心電図に変化があるかどうかなどを調べます。

自律神経機能検査

両手足に心電図の電極を付け、安静時と深呼吸時の心拍数変動を記録する検査です。心電図の歩調取りをする自律神経に異常がないかを調べます。

超音波検査(エコー検査)
超音波検査
超音波検査

超音波を体に当てて、跳ね返ってくる反射波(エコー)を画像化して臓器の状態を調べる検査です。

循環器(心臓、血管)

心臓の大きさや機能、弁の状態、動脈や静脈などの血管内に血の塊ができていないかや血液の流れが悪くないかなどを調べます。

腹部、体表(乳腺、甲状腺など)

肝臓や胆のうなど、各臓器の内部の様子や腫瘍の有無など、異常かないかを調べます。

経食道心エコー

超音波を出す胃カメラのような‟くだ“を口から入れて、食道より心臓を観察する検査です。心臓のすぐ後ろにある食道から観察すると、心臓はとてもきれいに見ることができます。普段の心エコー検査では見えなかったものや心臓の動きをより詳しく調べます。

負荷心エコー

薬剤や運動により心臓に負荷をかけることで、安静時には認められない心臓の変化について超音波を用いて調べる検査です。当院では薬剤を使って、DSE(ドブタミン負荷心エコー)、CFR(冠動脈充血反応)などの負荷心エコーを行っています。

その他の検査
ABI(足関節上腕血圧比)

両側の腕と両足首の血圧を同時に測る検査です。血圧の違いや脈波の伝わり方を調べることで、動脈の硬さや血管に狭いところがないかなど、動脈硬化の総合的評価を行います。

SPP(皮膚組織灌流圧測定)検査

血行を調べたい場所(主に足先)にセンサーがついたカフ(血圧計の帯)を巻き、そのカフに空気を入れて膨らませ血流を一旦遮断します。その後カフから空気を抜いて血流が再び戻るポイント(皮膚灌流圧)を測定する検査です。皮膚直下の小さな血管の血流の状態を調べます。

脳波検査

頭に電極を付け、脳が活動しているときに発生する電気的活動を波形として記録する検査です。脳の活動状態や、てんかんなど脳に関する病気を診断したり、薬の治療効果などを調べます。

肺機能検査
肺機能検査
         肺機能検査

肺に出入りする空気の量を測定して、肺の働きの状態を調べる検査です。 肺活量などを調べることで肺や気管支の状態、喘息などの呼吸器疾患が無いかを調べます。また、手術前では全身麻酔に体が耐えられるかの評価のために必要な検査です。

平衡機能検査

検査台の上に足を揃えて立ち、目を開けた時と閉じたときのふらつき具合を測定する検査です。めまいなどの平衡障害の原因が、耳や脳など、どの部位にあるかを調べます。

24時間血圧検査
24時間血圧検査
24時間血圧検査

一定の時間間隔で24時間血圧を自動測定し、一日の血圧の変化を調べる検査です。
白衣高血圧(医師の前になると高血圧)、仮面高血圧(測っていない時間帯に高血圧)、ストレス下高血圧(職場で高血圧)など、通常の血圧測定だけでは分からない血圧変動パターンなどを明らかにすることで、的確な治療方針を立てるのに役立ちます。

このページのTOPへ