施設・部門紹介

HOME> 施設・部門紹介> 地域医療連携課> 白十字病院クロスネット

白十字病院クロスネット(地域医療連携ネットワーク)のご案内

クロスネット

当院では、近隣の診療所の先生方とインターネット(=最新の技術を利用した、極めて安全性の高いもの)を利用した地域医療連携ネットワーク「クロスネット」を構築しています。このネットワークシステムの目的は、患者さんの医療情報を、当院と連携を結んでいる診療所と当院で共有することにあります。この医療情報の共有化により、患者さんにとっては二人の医師に診てもらうことと同じになり、普段はかかりつけ医の先生のところで受診し、入院・手術が必要になったら当院へ受診するといった流れが、安全で効率よくスムーズに行なえます。
このネットワークで参照可能な「患者さんの医療情報」とは、検査データ、お薬の内容、CT・MRIなどの画像データです。これらの医療情報は、患者さんの個人情報となりますので、患者さんの同意が必要です。趣旨をご理解の上、ご協力の程よろしくお願いいたします。

クロスネットの流れ

患者さんのメリット

1.患者さんのアレルギー歴、薬の副作用の履歴など重要な情報を共有できますので、安全に医療を受けられます。
2.検査の重複を避け、効率よく医療が受けられます。
3.フィルムレス(フィルムを使わない)運用ができ、患者さんが通常ご負担されているフィルム料金が不要になり、ご負担が軽減されます。
4.CT,MRI検査でフィルムレス運用の場合、検査・会計終了後にすぐにお帰りいただけます。

※(3)、(4)はクロスネットに参加されている診療所からの紹介で、CTやMRIの検査を受けにこられた場合です

クロスネットQ&A

ご希望の患者さんで、白十字病院を受診した方、あるいは受診(検査)予定の方なら、どなたでもこのネットワークに登録できます 。

クロスネットへの登録は?
  • ・患者さんが同意した場合のみ、クロスネットへ登録されます。
    • ・診療所に用意してあります登録同意書に患者さんが署名された後、紹介状と一緒に患者さんご自身で持参されてください。
  • ・登録は白十字病院で行います。登録に関する患者さんの負担金はありません。無料です。
クロスネットへ登録すると、誰が誰の医療情報を見ることができるのですか?
  • ・患者さんが指定した医師(登録医)のみが、白十字病院の医療情報システムに記録してある患者さん(ご自身)の医療
     情報をインターネットの画面で参照できます。
  • ・患者さんは、登録医を受診した時に、ご自分の医療情報を診察室で見せてもらうことも可能です。
患者さんの情報には、具体的にはどのようなものがありますか?
  • ・白十字病院の医療情報システムに保管されている患者さんの検査データ、処方(お薬の)内容、画像データ(レントゲ
     ン写真、CT、MRIなど)があります。
情報が漏れる心配はありませんか?
  • ・クロスネットで利用している最新のインターネット暗号化技術は、全国各地の医療情報ネットワークで既に利用され
     ており、情報漏洩の問題は起きていません。
  • ・当院のシステム開発室において患者さんの医療情報を、誰が、いつ、どこで見たのか、不正アクセスはないかを、常に
     監視しています。
ネットワークへの登録を取り消すことはできますか?
  • ・患者さんは、クロスネットに一旦登録しても、ご希望があればいつでも登録を取り消すことが可能です。
     登録を取り消すことにより、インターネットで医療情報を参照できなくなります。

お問い合わせ先

地域医療・在宅連携部 TEL:092-891-2511(代)内線 1139

このページのTOPへ